読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうにもこうにも埒が明かずに。

貝はその口を閉ざしたまま。

もう一度輝いてきらきら落ちてこい

左足の膝の裏と右足のアキレス腱が痛い。歩き方のバランスがおかしいらしくて靴底のすり減り方も左右非対称。どこまでもまともじゃないのかと悲しくなる。

7月3日ぶりだった。この7ヶ月間私はなにをしてきたんだろう。7ヶ月前の私がいまの自分を見たらどう思う?あの日は暑くて汗だくで西新宿をさまよっていた。まだこんなにのめり込んではいなくて。つまりラブシューティングスターだった。あなたとふたりでもえてつきるまでじゅんあい、なんて鼻で笑ってしまいたかった。はずかしげもなくこんなあほなうたをうたえるほどのあいて、私も出会ったことないなあ。それでもとても好きな歌。

もうすぐ衣装が変わってしまう。こんなにも恋焦がれた白くてふわふわでゆめかわの彼が死ぬ。子供部屋から追い出され亡骸を抱いてさめざめ泣くなんちゃって10代の私を連れ去ってくれるのはあの日見たあの人か上昇次元のよく似た人か。いずれにせよあの可愛いひつじさんは永遠に帰ってこれないであろう場所へ行ってしまうので、その前に精一杯目に焼き付けよう。

 

私はメンヘラではないけれど、私の好きな人はだいたいメンヘラです。

まだ掌の上

世界一だ。かっこよかった。ただそこにいてくれるだけで幸せだった。弦が切れて焦りの色を滲ませた。目を合わせずに相方とハイタッチをしていた。チューニングを合わせるために俯くと顎を伝って汗がぼたぼたと落ちていた。生きているんだ、と、当たり前のことに感動した。

「君をさらうぜ」という歌詞に合わせて、笑顔で右手をぴんとまっすぐ前に伸ばし差し出していた。間違いなく私のヒーローは彼だ。街も、世界も、私の心も、なにもかも全てをひっくり返してぐちゃぐちゃにしてめちゃくちゃにしたら最後にさらってくれるのは彼だ。泣きたかったけれど我慢した。それでも涙は溢れた。感情をコントロール出来る人間になりたい。

フロアを隅々まで見渡すその目が好きだ。見開いて、細めて、見つめて、逸らして、濃い黄金色の瞳がくるくると表情を変えて、いつでもどこかの誰かを見ている。そして不敵に笑って妖しく手招いて自分たちの餌食に。獅子座はいつでも飢えていて、狩りはどこまでもしなやかで狂っている。どれだけ喰らい尽くしても満たされやしないみたいだ。もうぜーんぶ食べてくれちゃっていいのにね。彼の胃袋がこの世界のなにもかもでいっぱいになりますように。それでも、きっと満足はしないんだろうな。

別にメンがヘラってる訳じゃないんです。いや、実はそうなのかも。2週間ぶりに見たお姿があまりにも尊すぎて脳がバグってる。「すごくキラキラした顔で見てたね」と終演後ある方に言われた。そりゃあ、プリキュアを応援する幼女の目はいつでも輝いているものでしょう?小さい頃セーラームーンショーを見に行って、こちらに迫ってくる悪役が恐ろしくて仕方なかったのだけれども、それをセーラーマーズが助けてくれた事を思い出した。今の私ならもしかしたらその悪役の手を取っているのかもしれない。だって惡の道は惡、だ。そしたら白くてふわふわのゆめかわプリキュアが助けにきてくれて、君の進むべき道はこっちだよ、ってさらってくれて、信じて着いていくとそこにはもっととんでもない惡道が。実はプリキュアとは仮の姿、本当は惡の組織の幹部だったのだ!少しだけ肩幅広めの。

というところまで考えて帰宅。おうちに帰るまでが遠足だとは今日は言われなかったので、まだその途中だと夢を見てもいいですか?

 

踊ってないと死ぬってよ

日記を書こうと思った。でも別に書くこともない。えんそくが無い日は本当に家で酒飲んで死んだように眠るぐらいしかしてないし。でもえんそくに行った日記を書いても最終的には「今日もじょいさんがかっこよかった」という内容にしかならないだろうから私たぶん向いてない。日記というシステムに。

友達と話したりツイッターで独り言を言う場合は「じょいさん」と呼んでいる。リプやお手紙で呼びかける時は「Joeさん」と表記するし、インストでお話させてもらう時にも発音的には「じょーさん」。私の中でのなんとなくのルールだけれども。やっぱりJoeさんはJoeさんであってじょいさんではない。別になぞなぞをしたい訳じゃなく、ぼんやりとそんな意識がある。もちろんご本人に対してあだ名のような呼び方をするのは失礼かなという気持ちもなくはないけれど、でもそれだけじゃない。やっぱりどう考えてもJoeさんはじょいさんではないのだ。たぶんこれ私にしか分からないよ。つまんない話だなあ。でも書きたいことを書いてみると決めたので、もう少し。

じょいさんは嘘が下手だと思う。京セラドームでぶうさんが「この前のお台場では当て振りだったけど楽しかったよな?」とじょいさんに尋ねていて、問われた彼は一瞬の間を置いて小さく頷いた。でも目は完全に死んでいた。それがぶうさんにも伝わったみたいで楽しくなかったみたいだと笑っていたけど。ああもう、そういう自分に正直すぎるところが良いよな、と私は1人でほくそ笑んでました。音楽に対するプライドが人一倍高いらしいのは13年前のインタビュー記事を読んで分かっていたつもりだったけれども、自分たちの演奏が出来なかったお台場の肉フェスはやはり相当悔しかったし苛立ちもあったんだろうなあ。そりゃバンド演奏が出来ないなんて当日になって言われたらああするしかなかったもんね。でもそのおかげ(?)で今回の京セラドームに繋がった訳で、えんそくの逆転力は素晴らしいですね。

話を戻すと。じょいさんは嘘が下手みたいだ、という勝手な推測。けど嘘が下手というよりは、あまりにも素直すぎる、という方が正しいのかも。楽しい時は楽しそうだし、つまらない時はつまらなさそうだし、メンバーだけで完結してる時は笑顔だけどファンと接するときはだいたいの確率で顔が死んでる。素直か。可愛い。そしてやっぱりどんなにゆめかわの皮を被ってもれっきとした30代男性である西條洋介は隠しきれなくて、たまにメンバーの誰よりもぶっちぎりで男の面を出してくるから本当に心臓に悪い。そんなん好きになるに決まってますわ~!(満面の笑み)

とても真面目でしっかり者なのに子供みたいに無邪気でどこかほっとけない、そんなところもじょいさんの魅力だと思いますね。

 

日記の上手い締め方が分からないよ。